byeGraph_Logo2.gif

English2.png

Topページへ概要&ダウンロードお支払い&登録基本的な使い方
サンプルデータバグ情報バージョン履歴Q&A


バグ情報

日付 現象 対処
120612
(#PARAMの参照値の誤り) 数式で用いられる、パラメータカウンター(#PARAM)の参照値が常に0になる場合がある。
v2.5で修正済
120224
(サンプル書類の不適切なファイルパス) ByeGraph 2.0同梱のサンプル書類(データ値付棒グラフ.bygc)の数式の%externalヘッダーで、存在しないファイルパスが指定されている。(正しいファイルパスを含むヘッダー指定は、「%external "~/Library/Application Support/ByeGraph/Data-text (utf-8)/Japan_Import_Export(J).txt" 6」です。もしグラフを再描画する場合は、%externalヘッダーを、この様に書き換えてください。)
120203
(オートスケールのバグ) データが同じ値の小数で構成されている場合、オートスケールを実行すると、比例軸に限り適切でない最大値が設定されてしまう。
v2.5で修正済
120122
(ヒストグラムのバグ) ヒストグラムのグラフで、「(上限値 - 下限値) / 区間の数」で求められる1区間のスパンの値が整数値にならない場合、グラフの棒(柱)の幅が、規定よりも広くなったり、極端に狭くなったりする。
v2.5で修正済
120122
(ファイルサイズの表示の誤り) ダウンロードされたByeGraphのファイルサイズをファインダー上で見ると、0バイトと表示される。(正しく表示される場合もある。詳細は不明。)
110812
(グラフの更新時のバグ) ラベル付散布図のグラフで、データ数が増えていたり、スケールの関係で表示されないデータがあると、グラフ更新時、クラッシュする。
v2.0で修正済
100829
(グラフの更新時のバグ) x軸ラベルが日付書式あるいは文字列のグラフで、y軸(y2軸)の軸ラベルが工学単位の場合、グラフ更新時、y軸(y2軸)のスケール値が変更されていなくても、工学単位の設定が解除されてしまう。
v1.9.5で修正済
100829
(オートスケールのバグ) 正の値と負の値を持つデータに対して、オートスケールを実行すると、比例軸の分割数に適切でない値が設定される場合がある。
v1.9.5で修正済
100829
(コピー&ペーストのバグ) グラフ以外のオブジェクトをある書類から他の書類にコピー&ペーストする時、動作が不安定になる事がある。
v1.9.5で修正済
100408
(グラフ属性パネルのバグ) グラフ属性パネル(シンボル・ライン)を開いた時に、第一列目のデータラベルが前に設定したデータラベルと置き換わってしまう事がある。
v1.9で修正済
100227
(グラフの更新時の回帰曲線リセット) グラフの更新時、更新前の回帰曲線がその都度リセットされていた。(バグではなく、仕様上そうなっていた。)
v1.9で改善済(更新後再計算)
100227
(「データの更新」に関するバグ) 数式のfread関数のソースとなっている、データA〜Cのいずれかに対して「データの更新」を実行した場合に、数式のシンタックスはやり直されないので、「データの更新」が数式の結果に反映されない。
v1.9で修正済
091027
(散布図ラベルがY軸オフセットに連動しないバグ) グラフの種類が「ラベル付散布図」で、Y軸オフセットが適応されている場合に、散布図のラベルの位置がY軸(Y2軸)の長さの変化に追従しない。
v1.8で修正済
091027
(棒グラフ表示時のバグ) グラフを移動もしくは回転させた後、シンボルから棒に変更した場合、誤った棒の開始位置で表示される。
v1.8で修正済
091026
(ファイル読込み関数の入力元選択時のバグ) 手動で、ファイル読込み関数の入力元を、ポップアップメニューで選択した場合に、正しい入力元が指定できずに、数式のシンタックスチェック時に「ソースファイルが定義されていない。」と言う内容のエラーが出る。
v1.8で修正済
091015
(テキストオブジェクト書換え時のバグ) MacOS10.6で、回帰係数等のテキストオブジェクトが(グラフ属性パネル等から)書き換えられる際に、クラッシュすることがある。
v1.8で修正済
090609
(数式の計算結果の表示に関するバグ) 書式「y」で10桁で表示した場合、最大2147483647と最小-2147483648の範囲内に値が制限される。
v1.8で修正済
090609
(sum関数に関するバグ) sum関数の初項、終項の数値に「+」符号を付けると、誤って「-」符号と認識してしまう。(現行バージョンでは「+」符号は付けないでください。)
v1.8で修正済
090315
(数式の定数登録での32個制限に関するバグ) 現状、32個を超えても、アラートが出ず、クラッシュする可能性がある。
v1.7で修正済
081209
(PPC Macでのシンタックスチェック時のバグ) XSTRINGSヘッダを使用して、xデータをダブルクォテーション「"」で括った場合のシンタックスチェック時のクラッシュ。
v1.6で修正済
081009
(日付スケール設定のバグ) XDATEヘッダ(YEAR)使用時、日付データのシンタックスチェック後、スケールのX最大値が、まれに一年多く設定される。
v1.6で修正済
081009
(90度回転時のX軸ラベルの表示位置に関するバグ) グラフを90度右に回転させた時の「改行入」X軸ラベル(文字列)が、適切な位置に表示されない場合がある。
v1.6で修正済
080730
(Xデータが文字列のグラフのバグ) XSTRINGSヘッダをもつデータ(ファイル)が複数(2〜3)になると、Xデータが文字列のグラフが正しく表示されない。
v1.5で修正済
080730
(棒グラフ表示時のバグ) 棒のYデータ値がスケールオーバすると、その棒が表示されない(途中まで表示されるのではなく、最初から表示されない)。
v1.5で修正済
080730
(ウィンドウクローズ時のバグ) アプリケーションがバックグランドで動作中に、クローズボタンにより、(表示中の入力設定ダイアログと関連する)ドキュメントウィンドウをクローズすると、アプリケーションがハングする。(バージョン1.4.1のバグ)
v1.5で修正済
080628
(ウィンドウクローズ時のバグ) テキストオブジェクトの編集途中で、ドキュメントウィンドウをクローズすると、アプリケーションがハングする。
v1.4.1で修正済
080621
(表示設定ダイアログでのバグ) ダイアログをオープンし、データ名を変更しても、設定されない。(確定せずに)編集途中でクローズすると、アプリケーションが異常終了する。
v1.4.1で修正済
080101
(シンボル・ラインダイアログでのバグ) ショートカットでダイアログをオープンし、データラベルを編集してクローズすると、アプリケーションが異常終了する。
v1.4で修正済
071203
(ファイルのエンコードに関するバグ) (1)標準(プレーン)テキストのデータファイルの読み込みで、エンコードの指定を誤ると、アプリケーションが異常終了する。(2)データファイルの保存で、2バイト文字が含まれていると、(MacOS Roman)のエンコードで保存出来ない。
v1.3で改善済(アラートを出してやり直せる様に変更)
071123
(座標軸ダイアログでのバグ) ダイアログのオープン時、対数軸の場合に、座標軸ラベルのタイプが誤って選択されている、等。
v1.3で修正済
070924
(グラフの更新機能に関するバグ) 非表示が選択されているデータがある状態でグラフを作成すると、それ以降グラフの更新機能が無効になる。
v1.3で修正済
070515
(環境設定パネルでのバグ) (1)カスタムグラフサイズが設定不可。(2)「ディフォルトへ戻す」が一部機能しない。
v1.2で修正済
070411
(背景色に関するバグ) 背景色を設定したオブジェクトを他のアプリケーションにコピー&ペーストする際に生じる不具合。背景色部分が分離し、色のデータが壊れて表示されることがある。
v1.2で修正済
070411
(テキストオブジェクトに関するバグ) テキストオブジェクトの「表示」モードと「編集」モードで行間スペースが異なる。複数行のテキストの編集の際に、編集中のテキストの下側が切れたりする。使用するフォントによってその程度は異なる。
v1.2で一部改善済
v1.3で修正済